映画ブログ / 映画でなけりゃ!

スコアは5点満点。あくまで私見。

マーロン・ブランドの肉声

 ★★★★☆ 4.9点

 「映画」としては満点をつけられないが、一人の演技の「天才」の記録として、映画史的資料としては、軽く5点を振り切る。

それだけ深く重いメッセージがこめられた映画だ。

マーロン・ブランド』という、戦後文化史の巨人を思うとき、自分のような一映画ファンでさえ、様々な思いが去来し、何を書くべきかなかなかまとまらない。

とにかく天才は意図的な努力だけでなく、さまざまな偶然によって磨かれ、研ぎ澄まされ、誕生する。DNA、家庭環境、出会い、時代など、本人に降りかかる様々な偶然のような出来事が、才能を磨いていく。そして、恐ろしいほどに繊細な感受性と不正になじめない純粋性、そして感情量の多さが社会に適応しづらくさせる。

アクターズ・スタジオの少し後輩のポール・ニューマンと比べると、自己抑制力の違いがまざまざだ。誰のようになりたいかと問われれば、一瞬の躊躇いもなくポール・ニューマンだが、たった一つ最高の演技を選べと言われたら、やはりどうしてもマーロン・ブランドになってしまう。それが天才の天才たるゆえんだ。

天才が豊かな人格の衣をまとっているケースもないわけではない。長嶋茂雄は間違いなくそう。しかし異なる例も多い。天才であること、大きな屋敷に住めることが、必ずしも幸福ではないことが、この映画をみるとよく分かる。

出会いといえば、スタニスラフスキーシステムをロシアから持ち帰ったステラ・アドラーとの出会いが、ブランドの人生を飛躍的に変えた。彼をスターダムに押し上げた名作『欲望という名の電車』で、その妻の名はステラだが、劇中、彼は役のなかで、「ステラ!」を何度も絶叫する。(偶然ではないような気もする。)これがとても印象的で、仲代達矢などはよく真似して鉄橋の下で叫んだという。そのスタニスラフスキーシステムだが、今では功罪あると言われている。最近ではヒース・レジャーの例がある。

まあ、とにかく。自分にとって思い入れのある作品は以下のよう。いずれも映画の中で映像とブランドのコメントが聞ける。(ドン・サバティーニはありません)

【演技】
欲望という名の電車
波止場
ゴッド・ファーザー
ラスト・タンゴ・イン・パリ

【話題】
裸足の伯爵婦人 ※チャップリン
地獄の黙示録 ※コッポラと
スーパーマン ※ギャラ

【唯一映画館で】
ドン・サバティーニ
※唯一コメディで成功では?

天才は、人生が一篇の詩のよう。神は、人々に人種差別問題に気づかせるために、演技の才能をあたえてマーロン・ブランドをこの世につかわした・・・と思ってしまう。彼がいなければ、インディアンにたいする偏見が改まることはなかったと思うし。ハリウッドから人種ごとのキャラ設定が改まることもなかったはずだ。

 

ヒューゴの不思議な発明

 ★☆☆ 3.8点

 ジャケットの女の子の視線がなぜか気になり、『まぼろし探偵』のころの吉永小百合っぽいとか思いつつ、そしてついに見てみることに。そのうち、「あれ、クロエちゃんぽいな」と思ったら、本当にクロエちゃんだった。(笑) さすがスターだ。目の表情だけで、見ようと思ってなかった人にまで映画に誘い込む。クロエちゃんは白人なのに、どこか日本人っぽく見え、妙に親しみを感じさせる女優だ。こんな子、昔、他にもいたなと思ったら、思い出した。ソフィ・マルソーが自分にとってはそうだった。


ところで映画はというと、時代から忘れ去られていた映画製作の父、SFXの創始者というべきジョルジュ・メリエス老人が、主人公のヒューゴ少年らの活躍によって、再び世に返り咲く物語。

マーチン・スコセッシ監督が初めて子供向けの視点をもって製作した映画で、いわゆるスコセッシらしさはない空想ファンタジー。そしてフィルム撮影でなく、デジタル技術を駆使したものになっている。

でも面白かった。

映画をこよなく愛し、メリエスを尊敬する人物が出てきて、ヒューゴ少年らを助けるが、かの人物こそが監督スコセッシを投影した存在なのではないだろうか。まるでヒッチコックを敬愛するスコセッシ本人のようだった。

映画愛と少年という点で『ニュー・シネマ・パラダイス』に似ていて、機械人形がからむところが、なんとなく『顔のない鑑定依頼人』にも似、そして少年の父親との関わりが、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』に似ている。なんか混ざった感じの映画だな。

月世界旅行 1902

 ★★★☆☆ 3.8点

ジョルジュ・メリエスの月世界旅行 他三編/映画創世期短編集 [DVD]

ジョルジュ・メリエスの月世界旅行 他三編/映画創世期短編集 [DVD]

 
ヒューゴの不思議な発明』に、物語の重要な鍵としての存在感をかもす映画なので観てみることに。

そしたら、もう無茶苦茶。(笑)

まさに睡眠中にみる荒唐無稽な夢の中の世界。

ガリレオとか有名な御高齢天文学者たちが、まるで温泉旅行にでも出かけるかのようにロケットに乗って月まで行ってしまう。普通、宇宙飛行士が行くでしょ、そういう時。そしたら、疲れたからといって、そのまま月面に布団敷いて寝てしまうし。(笑)

ロケットだって、真上でなく、低い角度で、それも家の屋根から斜めに発射する。そして、圧巻は、地球に戻るとき。月面の崖から下に落ちるだけで、地球の、それも海中にまでたどり着いてしまう。

なんだろう。これ。

『映画史的世界遺産』とでもいうべきもの。手品のようなSFXが見れる。

本当はスコア5が正しいのかも。 
 

 

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術 Blu-ray

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術 Blu-ray

 
月世界旅行―詳注版 (ちくま文庫)

月世界旅行―詳注版 (ちくま文庫)

 

 

ガス燈 1940

 ☆ 4.0点

イングリッド・バーグマンでない1940年版を初鑑賞。
そもそも購入したDVDに丁寧に二つ裏表に収録されていた。^o^

夫が妻を精神的に追い込んでいく様子が上手にそして憎らしく、恐ろしく描かれている。やはり、人生、いい子なだけでは生きていけない。戦おう、と思わせてくれる。こちらも文句なく秀作。

メイドがいい味出している。あの甲高い声は聞き覚えがあるような気がする。「熱いトタン屋根の上の猫」のポール・ニューマン演じる主人公の兄貴の奥さんだと思うが・・・。

謎解きをしてくれる太った元警官は何かの間違いで太ってしまったホームズか、「情婦」の弁護士のよう。

44年版の方が「霧の都ロンドン」の雰囲気は出てた。

ガス燈 1944

 ★★★★☆ 4.0点

ガス燈(1994) (字幕版)

ガス燈(1994) (字幕版)

 

最近1940年の英版を観たので、この1944年の米版を再鑑賞。

この映画で、イングリッド・バーグマンは【アカデミー主演女優賞】をとっている。出演は、シャルル・ボワイエジョゼフ・コットンと贅沢な顔揃え。

快活で正常な女性が、狡智に長けた夫に翻弄されながら、だんだんと本当におかしくなっていく様を、イングリッド・バーグマンが好演。自信を失いおどおどしていく演技や、夫の言葉・表情一つで、精神的に奈落の底へと落ちていく演技は見事。それと、白いドレスに着飾ってからのバーグマンの美しさは溜め息が出る。

まさに「天は、かの女性にのみ二物を与えけり」だ。m(__)m

社交性に富んだ紳士の表情から、妻をいびる悪知恵を思い付いたときの氷のような表情の変化は、名優シャルル・ボワイエならではのもの。40年版も見事だったので、甲乙つけがたい。

ただ、事件を解決に導く刑事については、演技がどうのということでなく、40年版のほうがキャラクターが良かった。ビリー・ワイルダーの『情婦』の太った弁護士のようで。

お手伝いや近所の世話好きオバサンについても、若干だが40年版のほうがいい。特に40年版の若いメイドの甲高い笑い声は最高に最悪だった。(笑)

こう考えると、僅差で40年版のほうに軍配が上がるか。

ただ、44年版のほうが、「霧のロンドン」の雰囲気が出てた。

言の葉の庭

 ☆ 3.5点

言の葉の庭

言の葉の庭

 
新海監督初鑑賞。宮崎アニメやディズニーアニメの非日常的なストーリー展開のアニメとは一線を画す、日常に光を当てた『純文学』の香りのする作品。特に前半は漱石三部作でも読んでるかのような感覚。

雨が出会いをつくり、雨が二人の距離を近づけていく。ありきたりとはいえ、いい。吉永小百合の『白鳥』とかね。

秀逸なのは日常の景観。何気ない、ありきたりの街並みを、雨に乱反射する光で、見事に宝石のように輝かせてみせている。まるで、「日常を生きよ」「日常をもっと楽しめ」という作者のメッセージが込められているかのよう。

ただ、残念なのは後半。あれだけ二人の距離が縮まる様子を丁寧に表現していたのに、クライマックスに向かうほどに直言的になっていった。そこが、出だしの繊細で婉曲的な雰囲気とはどうしても釣り合いがとれず、なんか乱暴に思えてしまった。(^_^;)

最近の新海監督フィーバーは何だろう。ディズニーや宮崎アニメを見て育ってきたアニメ飽食時代の子供たちが成長して、今までのアニメでは空き足らなくなった心の隙間にストンと、等身大のアニメが落ちてきたという現象だろうか?

かつて、漫画ブームが終わり、劇画ブームが到来したのに似た現象。

もしくは、『巨人の星』や『ドカベン』のような超人的な主人公が活躍するものが流行らなくなり、代わって、より身近な野球漫画として『タッチ』が大流行したような・・・。

ま、理屈はさておき、自分はこれをみた後、なぜか桜井幸子の『高校教師』を見返してしまった。(^_^;)

ちなみに、自分的には、ユキノは教師より、普通のOLの設定であったほうがよかったなあ。

マルサの女

 ★ 5.0点

マルサの女 [DVD]

マルサの女 [DVD]

 

 これは非の打ち所なし!

黒澤や小津ら輝かしい巨匠たちの時代以後の日本映画のなかで、同じくらいの重味のある映画はこれくらい。(これ以降、その副産物として、日本映画界にうんちくの多いハウ・トウものが増えることになるけど)

何はさておき『山崎努』の演技力全開。ここまで素晴らしいのは、黒澤の『天国と地獄』以来。脚の不自由な演技もそうだが、自分の好きな演技は、津川雅彦演じる査察官に「お金の貯め方をぜひ教えてくれ」と請われ、教えるシーン。最高。スゲー。未だによく覚えているし、とても参考になる。が、俺自身は一向にお金は貯まらないけど。(^_^;)

音楽もいいな。

でもやはり、台詞と演技だね。
小林圭樹、伊東四朗、そして「関東ニナガワ組のニナガワだ!」を演じる室田日出男橋爪功大滝秀治、もちろん津川雅彦。それぞれが脱帽の演技。

当時、「マルサ」って言葉も流行ったよな。

伊丹映画は以後ヒット連発していく!