映画ブログ / 映画でなけりゃ!

スコアは5点満点。あくまで私見。

エクス・マキナ

 ★★★★★ 5.0点

 

5.0か4.9かな?
めちゃメチャ迷う🌀 (^O^)

つい最近、ある映画アプリをやってみたんだけど、それがAI搭載のWATCH?とかいうやつだった。けど、こっちの好みを予測して、映画をオススメしてくるだけでなく、俺の評価点まで予測してくるので気味悪くなって、やめてしまった(笑)。

ところで、この映画。これは哲学的であると同時に芸術的。

チューリングテストのシーンは、『ブレードランナー』のレプリカントか人間かを見極めるテストのシーンを思い出させた。

もともと人工知能ものはあるけど、最近増えてるな。結局、機械は高度化の果てに最終的に自意識をもつのかどうか、感情をもつのか、というテーマに他ならない。これについては、高校の数学教師が言っていた言葉をいつも思い出す。「必ず感情は芽生える。なぜなら、どちらももとは同じ原子なのだから」 納得するようなしないような。

先進的なテクノロジーがつまったロボットの背景に、純和風の庭園が重なるのが極めて芸術的。

EVAの自意識の表れはファッションを楽しむシーンに見られる気もするが、単なる作戦なのかどうか。

人間によって造られたロボットは、そもそも人間に為ろうとするのかどうか。ピノキオ以来のテーマも考えさせられる。