映画ブログ / 映画でなけりゃ!

スコアは5点満点。あくまで私見。

傷だらけの栄光

★★★★☆ 4.7点

『ロッキー』の原点。

実在のミドル級世界チャンピオン、ロッキー・グラジアーノの半生を描いた秀作。


ニューマンも、同じアクターズ・スタジオの先輩マーロン・ブランドもボクサーの演技の役作りのために、このロッキー・グラジアーノと寝食を共にしたことは有名。ちなみにマーロン・ブランドの『波止場』の演技は神。その演技には劣ってしまうけど、それでも自分にとっては大事な大好きな映画。

ニューマン演じるロッキーが酒場のカウンターで悩んでいると、酒場の親父がソーダの例え話で教訓たれるが、それが千金の重み。自分にとってもね。(泣) 

Somebody up there likes me.♪
このタイトル原題がラストに流れると、ざーっとあったかい涙が溢れてくる。いま、『クリード』で『ロッキー』を観直す人多いと思うけど、ついでに是非観てほしい映画。

『理由なき反抗』『栄光への脱出』で脇役を固めるサル・ミネオも出演。不良仲間に、スティーブ・マックィーンが出演。

ちなみに「ロッキー・グラジアーノ」の本名は「ロッコ・バルベラ」だ。
傷だらけの栄光 [DVD]

傷だらけの栄光 [DVD]

 
傷だらけの栄光 [VHS]

傷だらけの栄光 [VHS]