映画ブログ / 映画でなけりゃ!

スコアは5点満点。あくまで私見。

クリード チャンプを継ぐ男

★★★☆☆ 3.1点

ロッキー・グラジアーノという魅力的なイタリア系の実在のチャンピオンがいて、それが元ネタであることは間違いないにしろ、それに

息を吹き込んだのは正にスタローンだった。『ロッキー』は自分にとっては映画というより生活の一部、たとえば巨人ファンが巨人戦にチャンネルを合わすのと同じ感覚。だから、当然作品に期待というよりは、懐かしい仲間に会いに行くような感覚で観た。その目的は充分に達せられたものの、いま一つ燃えなかったのはやはり期待が大きかったということなのか。いや、そればかりではないだろう。シリーズが続けて製作される状況からしばらく年月が置かれると、その間に自分の中で過去の作品が「思い出」になり自分色に染め上げられてしまうからではないか。なのでどうでもいい部分に違和感を感じるようになってしまった。例えば、ジョンソンがロッキーのアドバイスを写メするシーンとそれについてのジョンソンの説明。意図はわかるが必要ない。世代の差を表現するなら他の方法もあるだろう。ビアンカや身近な人を切り捨てないあたりは、『ロッキー』の『セッション』とは違うところだと感じた。
自分は最近、『ハイキュー!!』が好きだが、なかでも烏野高校の引退した鵜飼老監督が気に入っている。そんな感じを勝手にロッキーに求めてしまっていたのかもしれない。